昨夜は青年会議所の役員会。事業の話はかごしまMAGの活動にも活かせそうです

昨夜は青年会議所の役員会。事業の話はかごしまMAGの活動にも活かせそうです – 怪異対抗奇譚TRPG『ファントム×カウンター』 ルルブ無料公開!現代異能オリジナルTRPG制作中!昨夜は私が所属している地元の青年会議所の役員会でした。
協議も多く内容も濃かったので、休憩をはさみながらですが、1時まで開催されました。
5時半には自宅リハビリのため起きないといけないので、寝不足気味ですが、青年会議所の活動は、仕事や鹿児島MAGの活動にもいろいろ活かせていてありがたいです。
昨夜もとても興味深い協議でした!

誰に向けて何を開催し、何を持ち帰ってもらうか

青年会議所では事業を行う際には、事業計画書を書きます。
そちらをもとにいろいろと協議をしていくのですが、事業をしようと思った背景や目的、事業の内容や予算と本当に幅広い範囲で協議するので時間もかかりますが、青年会議所は会員の会費で事業を行いますし、どのような事業を行うのか、会員みんなで情報を共有しながら行っていくために必要な作業です。

今年は監事をさせていただいているので、計画書を見る立場です。
意見を言う場も役員会しかないので、より良い事業を開催していただくため、理事長や委員長の思いを実現するため計画書の協議には力が入ります。

委員長時代注意受けたことなど思い出しながら、今度は私が確認させていただく作業です。
先輩方に言われて、私も気をつけようと思っているのは、

  • 青年会議所が担うべきことなのか
  • 誰に向けて何を開催し、何を持ち帰ってもらうか

という点です。

地元に青年団体などは多くありますし、様々な活動をされています。
その中で青年会議所がやるべき事業なのかは、協議でも大事にしている要素です。

自己満足で終わらないように大事な要素ですよね。
趣味の活動でもイベントする際は大事にしたい要素だなと思います。

子供のころの夢は?青少年事業は今年も面白そう。

青少年事業の協議もありました。
昨年私が開催させていただいた事業をさらに進化させた感じのものを委員会メンバーさんが館あげていてくださっていてありがたかったです。

子供たちが将来何になりたいのか、夢は何なのかちゃんとヒアリングやマーケティングしたうえで行おうという話題が出ました。

自分の時はどうだっただろうか?と思いかえしながらの協議でした。

私は小学校の文集に「ゆめ・・・・アニメーターになること」と書くような子供でした。

文集

アニメーターにはなれませんでしたが、CGやコンポジットなどアニメの仕事には参加することが出来ました。
小さい頃の夢を少しでもかなえられたということは、幸せなことだと思います。

あの頃の夢とは少し変わってしまいましたが、その頃のスキルを活かしていまも仕事をしたり、あらたな夢や目標というものを持ちつづけられているということは本当に幸せなことだと思います。

仕事でいただくお客様の課題は本当に様々で、それを乗り越えていくための作業や勉強は大変ですが、楽しくやりがいのある作業です。

ファントム×カウンターでも、参加メンバーさんの力を借りていろいろ挑戦出来ていて有難いです!

仕事以外に町に目を受けられる場所や機会があるのはありがたい!かごしまMAGの活動にも活かしていきたいです!

青年会議所は、仕事相手の方の紹介で入会しました。
個人でやっている規模なので迷ったのですが、40歳まで青年会議所を頑張った思い出や、その中で育てた縁があると、40歳からの自分を助けてくれるよ。という言葉で入会を決めました。

会費もそれなりに高いですし、内より時間をものすごく使いますが、仕事以外の場面で町に目を受けられる場所や機会があるのはありがたいです。

町の人に、カルタのおじさんといった感じに知ってもらているのもありがたいです。

今年は40歳で卒業の歳なので、青年会議所培った経験やご縁を活かして、何か活動していければと思い中です!

Tagged on: