TRPG放送局再起動に向けて準備開始!先日のゲーム会ではインタビューなどもさせていただきました!

TRPG放送局再起動に向けて準備開始!先日のゲーム会ではインタビューなどもさせていただきました! – 怪異対抗奇譚TRPG『ファントム×カウンター』 ルルブ無料公開!現代異能オリジナルTRPG制作中!TRPG放送局再起動に向けて準備開始!先日のゲーム会ではインタビューなどもさせていただきました!

TRPGの現在(いま)を伝えるをテーマに、USTなどで配信を行っていたのですが、新企画もいろいろ動きだしたので、そちらの案内などもする形で再起動できればと思い中です!

trpgbc-logo

新生TRPG放送局運営案

ファントムカウンターの紹介や、鹿児島TRPG倶楽部やオンラインセッションTRPG倶楽部の情報、TRPG全般の情報を扱っていければと思っています。

カンを取り戻してきたら生配信などもしたいですが、まずはポッドキャストでの配信を行っていく予定です。

コーナー案。プレゼント企画付きのビブリオバトルができればと思います!

コーナー案のかごしまMAGの広報班の方など相手にいろいろ相談中です。
私がいまやりたいと思っているのが、プレゼント企画付きのビブリオバトルです。

ビブリオバトルとは

ビブリオバトルとは、みんなで集まって5分で本を紹介。そして,読みたくなった本(=チャンプ本)を投票して決定する、スポーツのような書評会です。

公式サイトで熱心に情報発信されているので、そちらもぜひご覧ください。

TRPG好きにはなじみの深い、山本弘先生もビブリオバトルを題材にした作品を書かれていて、こちらもおススメです!

 

どのようなことをするつもりなの?

ネットラジオなので、投票は視聴者さんにしてもらい、勝った側の本に投票してくださった方の中から、抽選で一名の方に実際にその本をお送りするような企画を考えています。

毎回1冊は本好きで、大学時代は本屋でのバイト経験がある私が紹介する予定です。
対決する側の本は、メンバーさんや視聴者さんからおススメ本を紹介してもらえればと思い中です。

ちょうど南日本新聞さんでビブリオバトルの取り組みが紹介されていました。

まだまだビブリオバトルを知らにという方も多いのですが、タイムリーなことに5月11日の南日本新聞さんで、ビブリオバトルの取り組みが紹介されていました。

ビブリオバトル記事

先日のゲーム会ではインタビューもさせていただきました。サークルの雰囲気など伝えていければと思います!

8日の日曜日は、鹿児島TRPG倶楽部のゲーム会だったので、企画のことを説明させていただき、ゲーム会の感想などをインタビューさせていただきました。
どうしても他の卓の進行などわからないので、GMさせていただいた私の卓のメンバーさんににインタビューさせていただいたので、多分答えにくかったと思うのですが、いろいろお話聞けて楽しかったです!

サークルの雰囲気は、外からは感じにくいと思うのでネットラジオ活用していければと思います!

Tagged on: